>

ショートカットキーを覚えれば時間短縮は容易です

基本となる動作はキーを軸に覚えていく

パソコンを扱う上でよく使われる動作は、切り取りや貼り付けなどある程度決まっています。
これらをショートカットキーで行う場合には、ほぼコントロールキーかシフトキーが使われます。
まずはこの二つのキーを使って、ショートカットをスムーズにできるようにしましょう。

それに加えて、エクセルで頻繁に使用されるのがオルトキーを使うショートカット方法です。
エクセルでオルトキーを押すと、ショートカットキーがメニュー画面に表示されて選択しやすくなります。
また、オルトキーとタブキーを同時に押すと検索画面が出ますので、すぐに調べものができます。

ショートカットキーを上手に活用すれば、マウスを使わなくて済む分かなりロスが減ります。
さくさくと仕事をすすめていくために、覚えておくと非常に重宝します。

出番の多いコマンドは追加してさらに時短

利用頻度が高いコマンドは、クイックアクセスツールバーに追加するともっと動作が簡単になります。
クイックアクセスツールバーはエクセル画面の左上にあり、自分でカスタマイズすることが可能です。
より快適な作業環境を目指して、自分なりに使いやすくしていけるのがエクセルの長所です。

やり方は二つで、コマンドを右クリックしてクイックアクセスツールバーに追加する方法があります。
あるいはクイックアクセスツールバーの右端からその他のコマンドを選択し、その中にあるすべてのコマンドから必要なものを選択することもできます。

追加するとクイックアクセスツールバーに表示され、ショートカットキーで操作できるようになります。
少しでも気持ちよく使える工夫をして、スピーディーに仕事をこなしていきましょう。



ページ
Topへ