>

自分にとって有用な関数は何かを知るところからスタート

関数の概念と役割についての確認

エクセルの関数と聞くと、どことなく難しそうなイメージがありますがそんなことはありません。
関数とは計算を簡単にするための数式であり、面倒な計算を代わりに処理してくれる優れものです。
では具体的には、関数はどのような役割を担っているのでしょうか。

エクセルにおける関数の特に大きな役割は、数値を集計することとデータを整えて管理することです。
社会に出ると、仕事の中でおびただしい量の様々な情報を処理しなければなりません。
それを一つのセルごとに入力していたら、おそろしく時間がかかってしまいます。
売り上げなどの数値を瞬時に計算したり項目別に抽出したりする作業は、エクセルならではの技です。

ですから関数は、エクセルでの作業を迅速かつ円滑にするために不可欠です。
まずは、少ない労力でたくさんの利益を生み出す関数を自分の強い味方と信じて活用しましょう。

エクセルでよく使う関数はどれか

エクセルの関数は、丸暗記するというよりも必要なものを組み合わせて使うことの方が重要です。
まずは最頻出の関数を覚えてその役割を知り、そこからだんだん知識を増やしていくのがよいでしょう。

数値集計の際に特に必要なのは、合計を出すSUM関数、平均値を出すAVERAGE関数、最大値はMAX関数で最小値はMIN関数、セルに条件をつけたいならIF関数、そして四則演算です。
データの体裁を整える場合には、日付に関するものならDATE関数やTEXT関数を、文字の全角半角はASC関数とJIS関数、セルの一部を抜き出せるRIGHT関数・LEFT関数・MID関数などが便利です。

これらをベースにいろいろ組み合わせていくと、自分のニーズにあう指示をセルに出せるようになります。
データ処理の効率化を図るために、関数を自在に使いこなせれば立派なエクセルマスターです。



ページ
Topへ