エクセルを活用すれば、作業時間はぐっと短縮できる!

エクセル初心者におすすめしたい簡単活用法

エクセルは時短実現の強い味方です

料理は下ごしらえが重要なのと同じく、エクセルも最初に使いやすいよう設定をしておくのが大切です。 この一手間をかけるかどうかで、その後の作業処理スピードに大きな違いが出ます。 もちろん途中からでも間に合いますので、その利便性を体験して今後に活かしてください。

ショートカットキーを覚えれば時間短縮は容易です

エクセルに限らず、ショートカットキーを使いこなせると作業のスピードが速くなります。 最初は煩わしく感じるかもしれませんが、数日使い続ければ身につきますので少しだけ我慢しましょう。 使用頻度の高いものだけを覚えれば十分ですので、地道に練習するつもりで取り組んでみてください。

何事も最初が肝心!入力設定で作業をスムーズに

エクセルは、表計算ソフトの代表格としてビジネスシーンではもはや不可欠です。
一般的な会社勤務においてはエクセルの使用が大前提となっており、社会人なら当然身に付けておくべき技能の一つとしてとらえられています。
ところが効率良く使いこなせているかとなると、果たしてどれだけの人が自信を持ってイエスと答えられるでしょうか。

データや数字をセルの一つ一つに入力するだけなら、パソコンを触り始めた人でも簡単にできます。
しかしそれでは手書きとほとんど変わらず、作業時間の短縮化にはつながりません。
エクセルの最たる利便性はデータ入力の速度にありますので、これを最大限に活かさなければあらゆる点で損をしてしまうことになります。
逆に考えると、エクセルを使って処理スピードを上げれば時間に余裕ができて得をするというわけです。

だからと言って、エクセルの全ての機能を完全にマスターする必要はありません。
自分が今少しでも楽をするための最低限の方法を、その都度少しずつ覚えていくだけでも十分事足ります。
大切なのは、エクセルはあらゆる用途に対応してくれる万能なソフトで、煩わしい作業を軽減する無限の可能性を秘めているのだと気づくことです。

今回このサイトでは、事前に済ませておくと便利な設定・知っておくべきショートカットキー・特に出番の多い関数の三つをピックアップして説明していきます。
現在エクセル使用状況の中で何を望んでいるのかを明確にしながら、今後の参考にしてください。

自分にとって有用な関数は何かを知るところからスタート

関数の入力によって計算などが簡単になりますが、その種類は400以上もあります。 しかしエクセルを使用する目的によって役に立つ関数は違いますので、全て覚える必要はありません。 自分が関数を使う内容を理解した上で、その都度方法を学んでいっても大丈夫です。


ページ
Topへ